wordpressにSyntaxHighlightを導入してみる


SyntaxHighlighter
Gakuです。
このブログではプログラムコードを多く載せることになると思うので、見やすいようにSyntaxHighlightできるプラグインを導入してみます。

https://wordpress.org/plugins/syntaxhighlighter/

無題

zipのままダウンロードして、pluginでアップロードします。
この時、権限がないと怒られる時があります。その際は/wordpress/wp-contentへuploadsフォルダを作成し権限を付与して下さい。

mkdir uploads
sudo chmod 0707 uploads

導入完了。Very Easy。。。

使ってみる

使い方も簡単。[code][/code]で囲ってあげればその部分がハイライトされる。
(今回の例では[]を全角で表記していますが、実際は半角で)
[java]
int val = 11;
if (val == 10) {
System.out.println(“変数valは10です”);
} else if (val == 20) {
System.out.println(“変数valは20です”);
} else {
System.out.println(“変数valは10でも20でもありません”);
}
[/java]

int val = 11;
if (val == 10) {
  System.out.println("変数valは10です");
} else if (val == 20) {
  System.out.println("変数valは20です");
} else {
  System.out.println("変数valは10でも20でもありません");
}

使える言語はこんな感じ。

html,actionscript3,bash,coldfusion,cpp,csharp,css,
delphi,erlang,fsharp,diff,groovy,javascript,java,javafx,
matlab (keywords only),objc,perl,php,text,powershell,
python,r,ruby,scala,sql,vb,xml

slimがない!erbがない!railsがない!
まぁ、いいか。多分css追加すれば対応できると思う。

参考文献

ソースコードをキレイに表示するWordPressプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」

One thought on “wordpressにSyntaxHighlightを導入してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です