sketchでcrash頻発する際の対処法

Gakuです。
最近、デザイナー界隈で話題のsketchを導入してみました。

だが、しかし、すごく調子が悪い。
Photoshopなんかより断然軽くて、貧弱macでも使えるという評判の割にめちゃくちゃcrashする。
アプリがcrashするだけならいいんですが、OSレベルで固まって強制終了しないといけないレベルです。

いろいろ試行錯誤して対処法を見つけたので、その解法を今回は掲載したいと思います。

諸悪の根源 sketchtoolプロセス

メモリリーク関連のcrashが頻発するので、アクティビティモニタのメモリタブでいろいろ調べていたんですが、その内容がこんな感じ。

使用エネルギーもえらいこっちゃです。

メモリはひたすらこのsketchtoolに食われていきます。
しかも、このプロセス、sketchを終了させても生きているという非常に凶悪なプロセスとなっております。

軽いってなんなんだよ。。。

対処法

対処法は非常に簡単です。sketchを起動する際に表示されるWellcome画面を表示させないように設定すればOKです。

おわりに

この症状にはまっている方は少ないのか、文献がまったく見つかりませんでした。。。
プロセス名のsketchtoolという単語が、sketchのコマンドラインツールと同じ名前であるため、対処法が埋もれているのかもしれません。

この設定でやっとこさ快適になったので、sketchライフはじめていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。