swiftでCustomCell作成時謎の例外出る潰し方

謎の例外にはまった話

昨日からios開発を始めたGakuです。
すごい楽しいのですが、謎の例外で2,3時間はまったのでメモ残しておきます。
例外はこんな感じ

Terminating app due to uncaught exception 'NSInternalInconsistencyException', reason: 'unable to dequeue a cell with identifier CustomCell - must register a nib or a class for the identifier or connect a prototype cell in a storyboard'

swift「参照抜けとるわ!くそが!」
俺「どこのだよ!」

と例外がどこで観れるのかわからない状態からようやく観れるようになって解決しました。

CustomCellとバックのコントロールは同じ名前にしておかないといけないらしいです。
スクリーンショット 2015-10-29 20.39.10
Identifier部分にコントローラ名書いて紐付ければOK

はまったな〜。難しすぎワロタ。
正直、コマンドベースで作っていけなくて、紐付けとかぴ〜って引かないといけないってのがなかなかのクソさ。
その部分を人に伝えるのがクソめんどいので文献が少ないというジレンマ。。。
swiftさんそこらへん改善して下さいお願いします。

参考文献

http://blog.hello-world.jp.net/ios/3301/

カチンと来たのでデザインパターン勉強まとめ(メモ程度)その4

最後になります。

パターン

Stateパターン

状態に応じて返答する際に使える。
状態変化はif文でやっちゃうと追加の時に対応できないので、stateパターン使えばどんだけでも追加、削除対応できる。

Flyweightパターン

リソース関係で困ったときに見とけ。
シングルトンの進化版。
複数になった感じ。

Proxyパターン

代理人をたてて、そいつのまかせる。
分からないとこだけ代理人じゃなく本人がやる。

Commandパターン

処理手順を記述するクラスと、処理する部品を記述するクラスを別々に記述。
コマンドをメインで呼び出すことで処理手順ばらばらにできるを実現するパターン。
めっちゃ好き。使える。

Interpreterパターン

構文木の解析実行パターン。
動詞となる部分が複数回出てくる場合まとめることができるので、使いまわしできるよね?
って感じで使いまわしする感じ。

おわりに

とりあえず、おわった。
あとは書籍2冊読み込む。あと手を動かせば大丈夫だろう。

参考文献

http://www.techscore.com/tech/DesignPattern/index.html/

カチンと来たのでデザインパターン勉強まとめ(メモ程度)その3

その3です。
GoFがGod of Fourに感じてきた。

パターン

Decoratorパターン

メソッドの拡張パターン。
バニラアイスクラスにトッピングとしてカシューナッツを加える時などに有効。
あくまでメソッドの拡張。メソッドを新たに加えるといったことはない。

Visitorパターン

なんかいろんなところで依存している気がする。
あんま使わない気がするのでいったんスルー。
あとで勉強する。

ChainofResponsibilityパターン

「責任者」を「鎖状」につないでおき、「いずれかの段階」で、「誰か」が処理をすることを表現するようなパターンです。

Facadeパターン

既に使っている気がする。
窓口を設定して、その人に聞く。聞いたら帰ってくる。ただそれだけのパターン

Mediatorパターン

仲裁人パターン。複数のクラスの状態を把握し、何をするか決定するパターン。
ボタンAとボタンBが押された時を把握し、何かするといった時に使えそう。

Observerパターン

状態の変化に応じて通知を受けるパターン。
自分の考えでは、ダウンロード処理して終わった時に通知ぃいい!
ってなるのに使うパターン?

Mementoパターン

Memento パターンでは、必要な情報のみを保持しておき、必要なデータのみを復元することを考えます。
tempをつくって保持するだけの簡単なパターン。

おわりに

あと5パターン。明日早起きできれば明日で終わらしたい。

参考文献

http://www.techscore.com/tech/DesignPattern/index.html/

カチンと来たのでデザインパターン勉強まとめ(メモ程度)その2

その2です。
Compositeパターンまでです。

パターン

Builderパターン

作業過程は同じだが、素材を変えたいといった時に使えるパターン。
塩水の%を砂糖水でやりたい時などに有効。
結構強そう。

AbstractFactoryパターン

例えば、何も考えずに実装していると、車のタイヤに自転車のタイヤを使用してしまう可能性がある。
そういった場合の事故を防ぐために、使うものを定義し事故を防ぐのがこのパターン。

Bridgeパターン

機能追加部分と実際の実装部分を切り分けることができる。
小さい機能をいっぱい作る時に有効っぽい。

Strategyパターン

アルゴリズム実装と実際の実装を分離し、煩雑にならないようにするパターン。
これ使ったらBuilderは使えなさそう。

Compositeパターン

ポリモーフィズムの典型的パターン。
例えば、ファイルとフォルダがあり同じように削除したい場合、
ファイルとフォルダを同一視し削除を楽にすると覚えておけばOK。

おわりに

土曜日も勉強してればよかった。
StrategyパターンとBuilderパターンは使えると思ったので積極的に使っていこうと思います。

参考文献

http://www.techscore.com/tech/DesignPattern/index.html/

カチンと来たのでデザインパターン勉強まとめ(メモ程度)

Gakuさん、偉大なる4人のギャングが作った神の定石を習う。
会社で「デザインパターン知らないなんて小学生までだよねww」っと煽られてカチンと来たので、久しぶりにVSダウンロードしてC#で勉強してみました。
とりあえず6パターン。
教材は結城先生のデザインパターン入門+TechScore[デザインパターン]
結城先生はこの本の他に「数学ガール」の著者でもある人。世の中すげ~人はすげ~な~と思いつつ読んでました。

パターン

Iteratorパターン

現在の言語にはeachとかforeachとかあるので使用する機会はほぼなし。
知識だけ持ってるだけでOK?

Adapterパターン

責任を負うことができない太郎、花子の尻にひかれる。俺みたいやなって。
Adapterパターンはそのままでは使えないメソッドなどで、ひとつかましてあげることで使えるようにするパターン。
.NetのNativeライブラリとかを使用する際、アダプター作って使用するみたいなことができる。

TemplateMethodパターン

テンプレートを定め(abstract)それを継承して使うだけの簡単なパターン。
ファクトリーメソッドパターンの前知識みたいなもの。

FactoryMethodパターン

インスタンス生成をサブクラスに任せる。あとはテンプレートメソッド

Singletonパターン

コンストラクタをprivate staticにして外部からnewできないようにする。
インスタントは1つしか生成しないことを保証するパターン。

Prototype パターン

同じインスタンスをいっぱい作るときに使うパターン。
ちょっとずつ違うインスタンスをいっぱい作るのにも使える。

おわりに

今日はここまで。全23パターン。なかなか骨が折れる。
ただ、神の考えに触れている気がしてすごい楽しいのは確か。あとは実務で使えるだけの発想を鍛えるために使う努力をしないとって感じです。

参考文献

http://www.techscore.com/tech/DesignPattern/index.html/

XVideosAPI ver1.1.0 release

gakuです。
性なる夜に向けてXVideosAPI ver1.1.0をリリースしました。
今回も後悔はしていません。

本バージョンで動画情報取得に加え、動画検索機能を実装しております。
とりあえず、これでxvideosの情報は一通り取れるのではないかと。
GitHub上に公開しているので使い方など詳しくはそちらをご覧下さい。
https://github.com/gaku3601/XvideosAPI

朝から健全なことやってるな〜。。。